--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する

    03

    01

    コメント

    [レビュー] MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013) Part.2 「購入を決断したわけ & 使用感 」

    th_スクリーンショット 2014-03-01 16.47.05

    以前、MacBook Pro Retina 15インチが欲しいという記事を書きました。
    過去記事:MacBook Pro Retina 15に乗り換えたくてウズウズしている。
    その後すぐ、MacBook Air 2014の予想記事を書きました。
    過去記事:MacBook Air 2014年モデルをIntelのロードマップから想像する。

    この時期に毎日のように色々悩みましたが、結局MacBook Pro Retina 15インチを購入する決断をしました(・∀・)!


    ↓レビューは3部構成で書いています。
    「フォトレビュー」
    「購入を決断したわけ & 使用感 」:この記事
    「Retinaディスプレイのもう一つの魅力」



    ・購入を決断したわけ

    ■ オーバースペック気味の性能

    Macベンチマークで有名なGeekBenchで比較してみました。
    GeackBench

    以前使っていたMacBook Air Mid 2011のベンチマーク結果が4269
    th_スクリーンショット 2014-03-01 17.39.14

    最新モデルであるMacBook Air Mid 2013のベンチマーク結果が5015
    th_スクリーンショット 2014-03-01 17.38.51

    これらに比べて、MacBook Pro Retina 15 Late 2013のベンチマーク結果は12190もあります!!
    th_スクリーンショット 2014-03-01 17.39.38

    この結果は、各モデルの最低構成で比較しています。つまり、一番買いやすい店頭モデルの性能差!いくら各モデルがカスタマイズ出来ると言っても、せいぜい1000~2000くらいしかスコアは伸びないので、この差は圧倒的です。MacBook Airの2014年モデルがIntelの第5世代 Core i プロセッサ(Broadwell)を積んできたとしても、倍以上の性能差はあるでしょう。

    正直、今の使い方でここまでの性能は必要ないのですが、数年後を考えた時に、性能が足りなくて困るということは早々ないと思います。将来の安心を買いつつ、今の快適さの向上も図れます(・∀・)!


    ■ 15インチのRetinaディスプレイに魅力を感じた

    th_IMGP5674.jpg
    色鮮やかで、どの角度から見ても綺麗な「IPS液晶」かつ、写真の隅々まで表現してくれて、文字もシャープな「Retinaディスプレイ」は、安さだけがとりえのPCには搭載されないものですし、MacBook Airにもありません。

    th_IMGP5677.jpg
    アルミユニボディに直接組み込まれたガラスディスプレイも、MacBook Pro Retinaならではのものです。


    ■ MacBook Air Mid 2011の売値が高かった

    メインで使っていたMacBook Air Mid 2011のソフマップでの買取価格が思っていたよりも高くて、53000円での買い取りでした。
    th_スクリーンショット 2014-03-01 18.09.44
    ※2014/3/1時点での買取価格

    1.MacBook Air Mid 2011をそのまま使い続けるか?
    2.MacBook Air 2014年モデルが出てきた時に買い換えるか?
    3.MacBook Pro Retina 15に買い換えるか?
    を考えた時、この売値が下がる心配もあったので、得られる性能やRetinaディスプレイの欲しさから、最も満足度が高い3の選択をしました。


    ・使用感

    実際に2ヶ月近く使って感じたのは、「ストレージの空き容量に余裕」が有ることです。
    128GB→256GBと、以前使っていたものから2倍の容量になったことで、かなり気持ちにも余裕が出来ました。この点は、MacBook Airで256GBモデルを買っても実感できたことなので、MacBook Pro Retinaだからというわけでは無いですが、MacBook Airの購入を検討している人で予算に余裕がある人は256GBモデルの購入をおすすめしたいです。
    th_スクリーンショット 2014-03-01 18.12.55

    1番嬉しかった点は、「作業領域の広さ」です。
    MacBook Pro Retinaはディスプレイの表示解像度を、MacBook Airと同等の1440x900からFull HD以上の1920x1200まで、自由に変更することができます。(詳しくはPart.3に)このお陰で、いろいろな作業をする際や、ブラウジングで情報を収集する際の効率も良くなった気がします。
    th_スクリーンショット 2014-03-01 16.13.27

    その他、感じたのは、「ストレスフリー」だなということです。
    性能が上がったことで、処理を待つことも少なくなりましたし、Mission Controlを使う際などのフレームレートも上がった感じがします。一つ一つの動作に対するレスポンスが早いので、やっぱり高性能なPCはいいものだなと実感しています。

    また、MacBook Airから旧環境を移行するのも簡単に終わりました。
    僕は、すべての設定まで移行しようと思っていなかったので、iTunes関係とiPhotoのライブラリ、必要なドキュメントだけを移し、アプリケーションはMac App Storeから再ダウンロードしました。この再ダウンロードも、Mac App Storeの購入済みタプから、必要なアプリケーションのダウンロードボタンをクリックするだけで終わってしまいました。
    th_スクリーンショット 2014-03-01 18.42.21




    高い買い物でしたが、いい買い物ができたと思います。

    APPLE MacBook Pro Retina Display(Amazonリンク)


    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。