--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する

    01

    26

    コメント

    今後どんなカメラを買うか。

    wcamtop.png

    今のカメラ環境には満足しています。

    Kマウントで
    ・PENTAX K-30
    ・DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
    ・DA35mmF2.4AL

    Qマウントで
    ・PENTAX Q
    ・PENTAX Q7
    ・01 STANDARD PRIME
    ・02 STANDARD ZOOM
    ・03 FISH-EYE
    ・06 TELEPHOTO ZOOM
    ・07 MOUNT SHIELD

    これにiPhone5を加えたカメラ環境を使っています。

    今後どんなカメラを買おうと思っているのか、今の考えを書き残しておきたいと思います。





    ・現状路線カメラでは大きな買い物はしない

    Kマウントカメラでは2本しかレンズを持っていませんが、この2本で撮りたい絵は十分に取れます。便利なズームと雰囲気の単焦点を使い分けるだけで、撮影も楽しめて、結婚式とかで撮った写真も喜んでもらえたので、これ以上の環境を求めるつもりはありません。レンズが大きいので、これ以上の持ち運びは無理(´・ω・`)
    もし、作品作りの意味合いが大きい撮影が増えてくると、Kマウントのレンズを買い足していくことになると思いますが、僕の主な用途は旅や思い出の記録なので、現状はそこまで必要ないです。
    K30image.jpg
    PENTAX K-30 DA18-135mmWR(Amazon)



    Qマウントカメラでは、08 WIDE ZOOMが凄く気になりますが、思っていたよりも価格が高かかったので尻込みしています。Q7と02 STANDARD ZOOMで得られる広角でも十分楽しめますし、03 FISH-EYEもあるので、Qマウントも今の環境で十分かなって思います。
    今後追加で買うとしたら、Qマウントのボディでデザインがいいやつが出てきたり、02 STANDARD ZOOMのコンパクトになったやつ(できれば明るいレンズがいい)が出てきた時に買うのかなって思います。
    Q7image.jpg
    PENTAX Q7 ズームレンズキット(Amazon)


    PanasonicのGM1は結構良いツボを付いたカメラだと思いますが、今の環境から見るとK-30よりも画質やボケ味は落ちるし、Q7よりも色乗りも良くなさそうなので、今更買わなくてもいいかなって思います。多分、Qマウントに手を出す前で、GRよりも先に出てきたら、飛びついていたと思いますが...。
    GM1image.jpg
    Panasonic GM1 レンズキット(Amazon)




    最近もいろいろなカメラは出てきていますが、今までのカメラは今持っているカメラの環境の延長線で事足りるので、これ以上大きな買い物をすることはないと思います。今の環境以上に劇的に改善されるわけでもないので興味がなくなってきました。



    ・SONYのレンズカメラは多分買わない

    新しい形のカメラとして話題になっていて、期待していたのですが、実物を触った時にちょっと違うなっていう感じになりました。

    何がネガティブポイントだったのかというと、撮影したいと思ってから、実際に撮影できるまでの時間が長すぎる点です。CEATEC JAPAN 2013の時に触ってきたのですが、SONYのスマホとSONYのレンズカメラという組み合わせにもかかわらず、最初の1枚が撮影できるまで数十秒かかってしまいました。多分、カメラ単体なら早んでしょうけど、どこが写っているかも確認できないようでは、スマホのカメラよりもいい写真もとれなさそうなので、意味が無いです。(偶然がいい写真を作るっていう意見もあるでしょうけど、それなら普通のカメラのディスプレイを見なければ良い話で)

    普通のカメラでも無線で繋ぐことができる時代に、ディスプレイを載せてないちょっといいカメラってどういう意図で使うのかわからなかったので、自分にはしっくりこなかったです。(普通のカメラでいいのでは?)ディスプレイが無いからこそ実現できる形のレンズ構成やカメラに期待したいです。

    QX100image.jpg
    ソニー DSC-QX100(Amazon)


    ・全天球カメラの今後の発展に期待

    これも新しい形のカメラとして出てきたのですが、SONYのレンズカメラほど話題にはなってません。僕も最初に出てきた時は、何に使えばいいのかよくわからないカメラでした。それが、友達が中国に旅行に行った時の写真をTHETAで撮ってきていて、それを見せてもらった時に、一気に切り替わりました!

    自分が行ったことのない場所の風景を見渡すことができるという体験は凄く楽しくて、これぞ次世代のカメラだ!という印象を受けました。旅や思い出の記録としては、これが一番楽しくて、雰囲気を残せるカメラだと。ただ、出たばかりの発展途上という感じもあり、これからの進化に期待したいです。
    THETAimage.jpg
    RICOH THETA(Amazon)


    今後の進化に期待したい点は
    ・全天球カメラの高画質化(暗いところでの画質はもっと頑張って欲しい)
    ・全天球カメラの低価格化(画質の割に高い)
    ・全天球視聴環境の普及(もっと快適に観覧できるようになって欲しい)
    ・動画撮影(もっと楽しそう)
    ・ライブビュー(SONYのレンズカメラのような機能)

    ちなみに、SONYのレンズカメラと同じで、このカメラにも、スマホとつなげてシャッターを切るまでに時間がかかるっていう欠点はあったんですけど、こっちは構図を気にしなくてもいいので、カメラ単体での撮影が実用的で影響はなかったです。

    SONYのレンズカメラや、RICOHの全天球カメラ以外にも新しい形のカメラがどんどん出てくると面白くなってくると思います(・∀・)
    今後のカメラは、次世代のカメラに期待です!

    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。