--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




このエントリーをはてなブックマークに追加








  • しろ

    Pro Retina 15が猛烈に欲しくなったわ

    12

    24

    08:39

    ちーずぴざ

    見れば見るほど。触れば触るほど。欲しくなるね。

    12

    26

    00:43

    管理者にだけ表示を許可する

    12

    23

    コメント

    MacBook Pro Retina 15に乗り換えたくてウズウズしている。

    Retinatop.png

    RetinaいいよRetina。
    ってことで、MacBook ProのRetinaディスプレイモデルが急に欲しくなってきたので、そのわけを語ってみたいと思います。



    ・きっかけ

    チョット前に、親にパソコンが壊れたとの連絡を受けて、最善の解決策を見積もっていたところ、液晶ディスプレイが驚くほど安く手に入る事に気づきました。

    なんと、AH-IPS液晶の27インチで2.2万円くらい!
    LG Electronics Japan 27インチ AH-IPS液晶モニター(Amazon)

    AH-IPS液晶の23インチで1.3万円くらい!
    LG Electronics Japan 23インチ AH-IPS液晶モニター(Amazon)


    安い!初めてFULL HDで16:9のディスプレイが登場した時代に3万円でBenQの21.5インチディスプレイを購入した時とは雲泥の差です。その時の認識では一般的な液晶ディスプレイはTN液晶で、IPS液晶はプロ向けや画質を求めるユーザー向けの高価なものでした。それが、こんなにも安く買えるのなら、今使っているMacBook Airにつなげてデュアルディスプレイ環境にしてもいいなーと思っていたのが始まりです。


    ・ヒアリング

    それから、デュアルディスプレイ環境を自宅で持っている人にヒアリングをして回りました。何故かと言うと、以前MacBook Airを初めて買った時、一度だけデュアルディスプレイ環境(その時はOS X Lion)にして、あんまり便利でなく、OS X LionのMission Controlのほうが便利だと感じたからです。最近のアップデートでOS X Marvericksになり、デュアルディスプレイ環境への対応が強化され、その使い心地を実際に使っている人に聞いてみたかったのです。

    ヒアリング結果は大体こんな感じでした。
    ・デュアルディスプレイの主は、MacBook本体のディスプレイ。
    ・Marvericksのマルチディスプレイ対応は便利。片方を常にWebブラウザにしている。
    ・外付け側は資料を確認するために使う。ウェブブラウザや電子書籍など。
    ・外付け側はツイッターやLINEをおいておくために使う。
    ・キーボードで入力する作業はMacBook本体のディスプレイ
    ・片方がゲーム画面。もう片方がゲームの攻略情報。

    これらの情報から、自分のユースケースに落とすと、こんな感じになると考えました。

    imgage11.jpg

    この構成では、メインはMacBook本体のディスプレイになるため、作業効率的の改善はわずかになりそうな気が...。せっかくIPS液晶を導入しても、結局あまり活用されないような気がしてきました。
    メインをMacBook本体にしているのは、キーボードとトラックパッドが自分の正面にないからで、こんな感じにすれば、外付けディスプレイをメインに使えるのではと考えました。

    image22.jpg

    そうすると、追加で
    ・Apple Wireless Keyboad (7,200円)
    ・Apple Magic Trackpad (7,200円)
    が必要になります。合わせて15,000円くらい...。安いキーボードとマウスを組み合わせれば、予算を抑えることが出来ますが、Macのキーボードとトラックパッドの扱いやすさはかなり気に入っているので、ここは妥協したくありません。
    なんだかイマイチです。やっぱりデュアルディスプレイ環境を今のMacBook Airで実現しても、費用対効果的に満足の行くものにならない気がしてきました。



    ・MacBook Pro Retinaのスケーリング機能に驚いた

    ふと、家電量販店に立ち寄った時、MacBook Pro Retinaの2013 Lateモデルが展示してあったので、少し触ってみました。旧型のMacBook Proに比べて、ベゼルも細くなっていて、スッキリとしたデザインでいいな~と思いつつ、スケーリング機能を試してみたところ、意外に画面のにじみも少なく、いい感じに作業領域の広さを確保できているじゃないですか!

    scaling.png
    参考引用元:MacBook Pro Retinaのスケーリング解像度はやっぱりすごかった|CORAL CAFE

    この機能を初めてネットで見た時は、1ピクセル分を4ピクセルで描くRetina相当じゃなくなるから、Retinaの魅力がなくなると思っていました。が、意外に気にならない!このことに気づいてから、何度かお店で見かける度にスケーリング機能をいじって、何度も確認してみましたが、やっぱり画面のにじみは気になりません。Apple Store 渋谷店の店員さんにも聞いてみましたが、乗っているディスプレイが綺麗だから、dot by dotの表示じゃなくても画像のにじみが気になりにくいそうです。

    つまり、MacBookのRetinaディスプレイの魅力は、高精細で綺麗だけでなく、ディスプレイの物理的な解像度を気にせず表示解像度を選べるということです!(※ただし、人によっては、dot by dot表示されていないことが気になる人もいるそうで、個人差が有ると思います。)僕はもともと、MacBook Airのディスプレイでも表示の粗さは全く気になっていなかったので、問題無いです!



    ・MacBook Pro Retina に手が届く

    MacBook Pro Retina が初めて登場した時は、あまりの値段の高さに、「自分には縁のないMacだな」としか考えていませんでした。でも、最近になりリニューアルされたMacBook Pro Retinaは結構安くなってきています。

    MacBook Airを買い替えて、外付けディスプレイ+キーボード+トラックパッドを買うことを考えると、メモリ2倍かつRetinaディスプレイ搭載に対する追加投資は案外ありに思えます。そこから更に奮発して投資すれば、core i7クアッドコア、15インチの広大なディスプレイが手に入ると考えると、物欲がビシビシ刺激されてきました(・∀・)。



    ・今って結構買いどきじゃないか?

    haswell_chip-250x288.jpg
    画像引用元:MacRumors

    今後のIntelのロードマップでは、Haswellコアの次はBroadwellコアです。このBroadwellコアがどんなものかで、来年のMacの大体の性能が想像できます。

    今回はあまり詳しく書きませんが、BroadwellはHaswellを更に省電力化させ、グラッフィック性能を向上させたものになりそうです。そしてこのBroadwell、CPU性能自体はそこまで向上しなさそうです。

    そう考えると、
    ・今、消費税の増税前
    ・CPUの性能は今後数年で大きく向上しなさそう
    ・グラフィック性能はゲームをしないから、今のMacBook Pro Retinaでも十分
    ・MacBook AirはTN液晶だけど、MacBook Pro RetinaはIPS液晶
    ・MacBook Pro Retinaの液晶のお陰で、広大な作業領域が手に入る
    などなど、今って結構買いどき&Retinaディスプレイはベストマッチなんじゃないかと思います。そう考えると、すぐにでも買いたくなり、ウズウズしてきました(・∀・)。


    APPLE MacBook Pro Retina Display (15.4) ME293J/A(Amazon)

    APPLE MacBook Pro with Retina Display(13.3) ME865J/A(Amazon)




    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加








  • しろ

    Pro Retina 15が猛烈に欲しくなったわ

    12

    24

    08:39

    ちーずぴざ

    見れば見るほど。触れば触るほど。欲しくなるね。

    12

    26

    00:43

    管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。