09

29

コメント

「Eye-Fi mobi」を手放したので、その理由と不満をつらつらと

th_eyefitop.jpg

Eye-Fi mobiを手放しました。

僕にとっては完全に使える製品ではなく、僕よりも活用してくれそうな友人がいたので。購入時はものすごく自分に合う製品だと思ってたんですけどね。
リンク→「Eye-Fi mobi」で、良いカメラの写真をiPhone/iPadですぐ楽しめるようになった



・Eye-Fiに対する不満

「いい写真を撮ったら、すぐにシェアしたいか?」っと考えると、確かにそうかもって思っていました。ただ、それまでの手間を考えると、自分の使い方から考えると、ベストな方法ではなかったんです。

Eye-Fi mobiは書き込み速度も早く、転送が始まれば、かなり早いスピードでiPhone/iPadに転送してくれます。この機能はすごく便利でした。でも、電源を入れてから接続されるまでに10秒以上かかるんですよ。体感時間で。

この10秒以上を、旅行中や結婚式中でカメラに意識を向け続けることが面倒くさい。カメラに意識を向けなければいいっても思いますが、『転送中は電池を消耗していること』と『転送が終わった写真をシェアしたい』ことを考えていると、そうもいかなかったんです。

シェアしたいって思ったタイミングで、シェアしたい写真がまだ転送されていなかったり、電源を切っていたために、Eye-Fiと繋がっていなかったりと。

そもそも、出先でカメラの写真をすぐ共有するよりも、後からゆっくり選別して共有するほうが自分のやり方にあっていることに気づいてしまったのもあります。



・iCloud/iPhotoとの相性の悪さ

Eye-Fiで転送される写真のファイル名は、わずかにリネームされているんですよ。そのせいで、出先でEye-Fiを使ってiPadに転送した写真がiCloudにアップロードされ、Mac側で直接SDカードから取り出した写真もiCloudにアップロードされ、同じ写真が別のファイル名で2つ保存されることになっちゃうんです。

Eyefi zoushoku



iPad側からのiCloudアップロードを止めると、iPad側でフォトストリームが使えなくなるので、イマイチ。



そんなこんなで、あまり活用できていないところ、友人がEye-Fiを救い出してくれたのです。




(´・ω・`)



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加








  • KITA

    はじめまして!
    安売りQ10をぽちってしまった者です。

    無線LAN機能搭載 SDカード アダプター 3,809円
    http://item.rakuten.co.jp/donya/84717/
    これ、おススメです。

    マイクロSDカードを普段は普通のSDカードアダプタで無線連携するときだけ無線アダプターにすればOK。
    無線のダダ漏れや電池消耗も気になりません。

    03

    09

    12:40

    ちーずぴざ

    アドバイスありがとうございます。
    Q10買われたんですね!03の魚眼レンズもぜひ手に入れてみてください。独特の世界が楽しめますよ。

    リンク先の商品を参考にさせてもらいました。
    確かにスマホからカメラの画像を取得するのには便利そうですね。ただやっぱり、アドホック通信を確立させる手間と、アプリを介して写真を取得する手間があるのが難点です。SDアダプターを使い分けるという使い方ができるのは確かに面白いですが、それならiPadにつながるSDカードリーダーを買います。無線にもとめているメリットは、「手間を掛けないこと」なので、撮影したら、自分のスマホとかに既に入っているレベルにならないと買わないです。

    03

    10

    20:10

    管理者にだけ表示を許可する