07

17

コメント

Macで外付けHDDをフォーマットするときはExFATがおすすめ!

th_HDDtop.jpg

Macで外付けHDDをフォーマットするときは、どの形式でフォーマットしていますか?
Mac OS 拡張?FAT(32)?ExFAT?

一般的におすすめされているのはFAT形式ですが、僕はExFATがお勧めです!
ついでに言うと、外付けHDDはポータブルタイプが好きです。



・ExFATおすすめの理由

僕の外付けHDDの使い方は、バックアップとデータ移動です。
使う環境はMacだけでなく、Windowsも共存しています。

最近買った外付けHDDのデフォルトのフォーマット形式はNTFSでした。
そのままでは、Macで書き込みができないので、フォーマットしなければいけません。

こんな環境でよくおすすめされているのはFAT(32)形式のフォーマットですが、僕はExFATでフォーマットするようにしています。
理由は、「ExFATの方が制限が少ないから!」

ただ、人によってはそういうわけでもないので、簡単に違いを書いておきますと、

NTFS
・ファイルサイズ制限に余裕がある(16TB)
・Windowsでしか書き込めない(例外有り)
・アクセス権など、セキュリティ関係の仕組みが整っている

FAT(32)
・ファイルサイズ制限が厳しい(4GB)
・WindowsでもMacでも書き込める
・古いWindowsやMacの環境でも対応している

ExFAT
・ファイルサイズ制限がアホみたいに余裕がある(16EB)
・WindowでもMacでも書き込める
・古い環境では対応していない(Windows XP SP2以降、Vista SP1以降、Mac OS X 10.6.5以降)

僕の環境では、アップデートしていないXPやVistaを使うことはまず無いので、ファイルサイズ制限がほぼないExFATがバックアップにもデータ移動にも適しているわけです。
最近外付けHDDを買った人とかはほとんどExFATでフォーマットしていんじゃ無いのかな?

Macでのフォーマットは簡単にできるよ。
a;lsdkjfadis;fjas;
①ランチパッドからディスクユーティリティを開いて
②フォーマットしたいHDDを選んで
③消去タブを選ぶ
④フォーマット形式を「ExFAT」に設定し
⑤「消去」を実行する



・ポータブル外付けHDDがおすすめの理由

そもそも、なんでこんな記事を書いたかというと、最近外付けHDDを買ったからです。

外付けHDDは、外部電源を必要とする「据え置き型」と「ポータブル型」がありますね。
いわゆるデスクトップ向けHDDを使っているのが、「据え置き型」、ノートパソコン向けHDDを使っているのが、「ポータブル型」です。

僕は、「ポータブル型」の外付けHDDを買いました。
「据え置き型」と比べると、容量あたりの単価は高いですが、
・外部電源が要らない
・持ち運びが楽
という大きなメリットがあります。
ポータブル型にも1TBなどの大容量のものが1万円を余裕で下回る価格で安く出ているので、迷わずポータブル型を買っちゃいました。


・買ったのはUSB3.0対応の「カクうす」

型番は「HDPE-UT1.0」というやつです。
これを選んだ理由は「安い」「USB3.0対応」「デザインがイイ(・∀・)」です!

カクうすというネーミングの割に見た目はオシャレ
th_IMGP0121.jpg

裏と表で色と仕上げが違います
th_IMGP0118.jpg

裏はマット加工の紫
th_IMGP0122.jpg

今まで使っていた「HDPS-U320(K)」と比べるとかなり洗練されています
th_IMGP0123.jpg

名前の通り薄くなって
th_IMGP0124.jpg

面積も小さくなりました
th_IMGP0125.jpg

アクセスランプは隙間からさり気なく点滅します
th_IMGP0147.jpg



Macでも使えるUSB3.0対応の外付けHDDとしては、おすすめの製品です(・∀・)!
I-O DATA USB3.0対応 レグザ・アクオス録画対応ポータブルハードディスク「カクうす」 1.0TB ブラック HDPE-UT1.0 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

安いしね\(^o^)/


<2016/11/21追記>
最近の売れ筋後継機はこれみたいです。
3年以上使って問題なく使えてるので、バックアップ用にもう一台買ってもいいかもしれません。




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加








  • sio

    exfatは意外に不便

    WinからフォーマットしようとしたらGPTでexfatのフォーマットができない件について

    まあ2.5インチのHDDの場合現時点では2TBが最大だからMBRでも問題ないんだが,数年で2.5TBや3TBのHDDも発売するだろうし買い替えも考慮するとなあ...パーティションマップ方式が違うとクローン作成なので問題がでるだろう.ディスクユーリティでもパーティションが作れずにCCCでクローンせざるを得なかった.

    あとexfatだと地味にバックアップやファイル復元ソフトが対応してないから困る.アクロニスのバンドル版なども未対応で,win機のシステムバックアップに使おうと思ったら認識すらしない.Linuxもデフォルトでは対応していないから(ドライバいれればできる),ネットに繋げない状況でdvdやusbからブートしてサルベージしようにもマウントすらできないし,簡易NASも全てFAT32のみ.以外に対応が遅れていて困る.ここらも2.5インチHDDで2TB越えが当たり前になる頃には流石に対応していると思うけれども...

    09

    07

    11:32

    hana

    ありがとうございます。
    助かりました( •ॢ◡-ॢ)

    12

    13

    12:45

    あそこ

    iMac Mid 2010 + FW800接続のMBRのExFATのドライブは
    再起動の度に毎回スポットライトのインデックスを1から作り直すので鬱陶しいです。
    本当にお勧めなのでしょうか?
    うちだけの問題なのかも知れませんが。。。

    他のGUID HFS+ も同時に繋いでますが、そちらでは問題ないです。

    04

    02

    23:08

    ちーずぴざ

    あそこさんへ
    どうやら、exFAT+スポットライトインデックスの不具合の可能性が高そうです。
    FW800で繋いでいるということなので、おそらくMac専用で利用しているドライブかと思います。MacとWindowsでファイルをやり取りする必要のないドライブは、Mac専用にしておいたほうが良いと思います。

    04

    02

    23:23

    管理者にだけ表示を許可する