06

28

コメント

「Eye-Fi mobi」で、良いカメラの写真をiPhone/iPadですぐ楽しめるようになった

eyefitop.jpg

どんなカメラにも無線機能を追加できる「Eye-fi mobi」を買いました(・∀・)!!
これで、外出先で撮った写真を半自動的にiPhoneやiPadに転送して楽しむことが出来るようになったはずっ...!

「Eye-fi mobi」って最近発売された新型のEye-fiになるんですけど、今までのEye-fi SDカードに比べてお手頃な価格になった上に、Class 10に対応しているので、一眼レフなどの高速書き込みにも対応してくれました。






・Eye-Fiとは

eyefi.jpg

SDカードなのですが、無線LAN機能がついた特殊なSDカードです。
スマホ、PC、タブレットに無線で写真データを転送できるスグレモノです!
SDカードをカメラに残したまま写真データを取り出すことができます。

一眼レフカメラやミラーレスカメラでいい写真を撮っているんだけど、とっさに人に送ってあげたり、Facebook等に投稿するのは結局スマートフォンのカメラっていう状況を打開してくれる製品だと思います。


・Eye-Fi mobiとは

mobi.jpg

Eye-Fi SDカードのモバイル特化版です。つまり、スマホとかタブレットとの連携に最適なEye-Fi SDカードになります。
ざっと次の点が普通のEye-Fi SDカードと違うみたいです。

・ダイレクトモード(スマホとかとの直接接続のモード)がディフォルト
・SDカードリーダライターが付属しない
・8GBの小容量タイプでもClass 10に対応
・パソコンとは無線で繋がらない
・比較的お手軽な値段で買える(8GB 定価4980円)
・設定が簡単



・セットアップは簡単

パソコンはいらず、iPhoneとiPadだけで簡単に設定できました。

まず、専用のアプリをインストールします。
th_IMG_0197.jpg
th_IMG_0198.jpg

起動したらアクティベーションコードを入力する画面が出てきます。
th_IMG_0200.jpg

Eye-Fi SDカードのケースの裏にコードがあるので入力します。
th_IMG_0106.jpg

基本画面が出てきて、細かく説明が書いてありました。
th_IMG_0201.jpg

自動的に繋がるはずですが、他の無線につながっているときは「Eye-Fi〜」で始まるSSIDに接続します。
th_IMG_0104.jpg

あとは自動的に写真が転送されてくるはずです(・∀・)!
th_IMG_0081.jpg


・カメラコネクションキットと悩んだけど

一番手軽で一般的なのはApple純正のカメラコネクションキットだと思います。
純正を使っておけば間違いないでしょうし、どのSDカードでも対応出来ます。実際に今持っていて使っています。
ただ、難点をあげると、「iPadにしかつながらない」「Lightningケーブル用に買い直す必要がある」「なにげに高い」「そもそも持ち歩く必要がある」など、チョットずつ引っかかる点がありました。

価格的にLightningケーブル用に新しく買い直すことを考えると、新たに「Eye-Fi mobi」を買ったほうがメリットが大きいと思い、Eye-Fiに手を出しました。

カメラコネクションキット(Amazon)



「Eye-Fi mobi」は、Eye-Fiは気になっていたけど、高いし本当に使えるのか不安って思っていた人にとってはドンピシャな製品だと思います。
今度発売されるPENTAX Q7では、公式で連携機能も搭載されるなど、カメラ側の対応も最も優遇されていると思うので、今のカメラ環境を良くするには最適です(・∀・)!!

Eye-Fi Mobi 8GB(Amazon)





関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する