03

13

コメント

「DA18-55 WR」と「DA18-135 WR」を色々比較してみた

th_スクリーンショット 2013-03-13 16.18.35

せっかくレンズを購入したので、K-30のキットレンズで標準画角をカバーしている2つのレンズを比較してみました。
K-30を買う際に、どっちのレンズが付いている方を買おうか迷っている人の参考になれば幸いです。

使っているレンズはどちらも簡易防滴仕様になっていますが、K-30のキットレンズでは135mmまで伸びる方しか簡易防滴でないので、気をつけてください。
DA18-55 WRの光学仕様は、キットレンズのsmc PENTAX-DA L 18-55mmF3.5-5.6 ALと同じらしいので、違うのは見た目や機能だけだと思います。





・使ったレンズの型番
「DA18-55 WR」= smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL WR
「DA18-135 WR」= smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR


・AF速度とAF動作音

動画にしてみたので、実際に見てみてください。


ネット上では、DA18-135 WRはDCモータを内蔵しているので、AF速度が早いと言われていますが、DA18-55 WRも十分早いです。
むしろ、場合によってはDA18-55 WRの方が若干早く感じるかもしれません。
これは、DA18-55 WRのピントリングを駆動しているK-30のボディ内モータが結構強力であることが要因ではないかと思います。
K-30は見た目だけでなく、中身もマッチョなんですね。


AF動作音に関してはハッキリと違いがあり、ボディ内モータでぶん回すDA18-55 WRはチョットうるさいです。
DCモータで駆動するDA18-135 WRは、チュィーンチュィーんと静かに動いてくれます。
電気屋さんなど、うるさい場所では全く聞こえないレベルですね。


・画角

DA18-55 WRは3.5倍ズーム、DA18-135 WRは7倍ズームくらいです。
広角側は同じですが、望遠側に伸びるので、ちょっとした望遠レンズとしても活躍してくれます。

比較イメージはこんな感じ↓
th_IMGP7920.jpg
18mm、つまり広角側

th_IMGP7922.jpg
53mm、DA18-55 WRの望遠端はこれくらい

th_IMGP7921.jpg
135mm、DA18-135 WRの望遠端はここまでズームできます

th_IMGP7923.jpg
ちょっとした望遠っぽい演出も


・画質


細かい描写については、素人の僕が比較してもイマイチ信用出来ないと思うので、ちゃんとしたメディアのものの方が参考になると思います。
PENTAX K-30【第2回】 WR仕様の標準ズームレンズ2本を比較してみる:デジカメWatch


個人的に使ってみて感じることは、ピントの精度とボケの綺麗さがDA18-135 WRの方が高い気がします。
高いだけあって、鏡胴の作りもしっかりしているように感じますし、円形絞りになっているので、そこら辺の違いが、出てくる写真に影響しているのかもしれません。


th_IMGP8529.jpg
望遠に伸びるので、ボケ味も作りやすい

th_IMGP8594.jpg
点光源が円形になります

th_IMGP8720.jpg
高倍率ズームでも十分に満足の行く画質



結論としては、金銭的な問題がない限り、DA18-135 WRのキットのほうがお勧めです。
若干重いですが、それだけの価値は十分にあると思います。
素人が一眼レフに抱くものをすべて備えていますしね。(高画質、高倍率、高速AF、簡易防滴、大きいレンズ)
PENTAX K-30 18-135 WRレンズキット(Amazon)


ただ、DA18-55のレンズも、AF速度も早く十分満足できる画質なので、出費を抑えたい時や、他のレンズを狙っているときは、DA18-55のキットでもいいと思います。
PENTAX K-30 18-55レンズキット(Amazon)
※このブログで紹介しているレンズとは若干デザインが異なり、簡易防滴機能を省いたものになるので気をつけてください


参考になれば幸いです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する