--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




このエントリーをはてなブックマークに追加








  • か~みっと

    TAMRON A16は以前持っていました。

    AFが合わずメーカーに調整依頼したのですがついに調整出来ず(汗)

    手放したレンズです。

    ピントが合った時のシャープな感じは良かったんですけどね;;;

    ちょっと残念でした・・・

    04

    11

    09:31

    tizupiza

    やっぱりTAMRONはそれがハードルになりますね。
    僕自身、どちらかと言うと最近のオートフォーカスで育った世代なので、オートフォーカスの精度は重要です。
    マニュアルフォーカスでカバーできなくもないでしょうが、自分の意識はカメラよりも被写体に向けていたい正確なので、とりあえず今回の選択は良かったと思っています。

    04

    11

    23:00

    管理者にだけ表示を許可する

    02

    25

    コメント

    「DA18-135 WR」をマップカメラのアウトレットで購入しました

    th_スクリーンショット 2013-02-24 22.30.43

    Kマウントの「PENTAX DA18-135mmF3.5-5.6ED AL(IF)DC WR」っていうレンズを購入しました。
    「K-30」の18-135WRレンズキットで付いているレンズと同じやつです。

    18-55WRが有るなら、他のレンズを買ったほうがいいんじゃないの?って思うかもしれませんが、自分のスタイルに合ったレンズを考えると、このレンズが今のところベストかなっという結論に至りました。

    購入の際に検討したことや、外観レビューを書き残そうと思います。





    ・購入の際に検討したことをネチネチと
    読み飛ばしたほうがいいかも

    th_IMGP5444.jpg

    今までに撮った写真を見返してみると、望遠側での撮影が多いことに気づきました。
    そして、旅行等で使っている時も、もう少しズームが伸びれば...っと思うことが多々ありました。
    あと、もう少し描写を変えたいという欲望も湧いて来ました(;・∀・)

    そんなこんなで、もう少し望遠側に伸びるレンズか、F2.8通しズームが欲しくなってきたのです。
    色々検討したレンズと自分なりに調べた主観は、この記事の下の方にまとめています。

    調べた中で一番の候補はTAMRONのA09だったのですが、重い割に広角が使えなくなってしまうことが引っ掛かり、第二候補だったSIGMAの17-70は新型が出てるのにPENTAXマウントはまだ発売日未定。

    そもそも、サードパーティ製のレンズを使いたいならPENTAXである理由はないし、防滴の便利さを体験しているので、防滴がほしい。
    でも18-135WRだと、今のレンズと描写性能はあんまり変わらないんじゃないか?と葛藤していました。

    しかし、よくよく、よくよ〜く調べてみると、今持っている18-55WRよりも18-135WRの方が望遠側で明るいことに気が付きました。

    レンズの型番はこれ
    smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL WR
    smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

    どちらもF3.5-5.6と、広角でf3.5、望遠でf5.6となっており同じに見えます。
    でも、実際にはこんなかんじで広角側では18-55WRが、望遠側では18-135WRの方が明るかったのです。
    th_スクリーンショット 2013-02-25 1.22.08

    それなら、求めてる「僅かな描写の変化」と「望遠側の伸び」を両方得られる上に、防滴も諦めずにすみます。
    そもそも18-135WRとK-30の組み合わせのデザインが好きでしたから。

    最初から18-135WRのキットで買っとけって話ですよね(笑)
    お金なかったんです...

    でも、マップカメラのアウトレットで特価33,800円で出ているのを見つけて飛びついちゃいました。
    《新品》 PENTAX (ペンタックス) DA18-135mmF3.5-5.6ED AL(IF)DC WR【アウトレット】[ Lens | レンズ ]


    ・18-135WRの特徴

    th_IMGP9005.jpg

    ・405g
    ・簡易防滴
    ・円形絞り
    ・SPコーティング
    ・クイックシフトフォーカス対応
    ・フォーカスリングが手前側
    ・DCモーター内蔵で高速静音のAF
    ・ズームリングは自重で伸びず適度な重さ
    ・前玉は大きく、フィルター径が62mm
    ・K-30とデザインがマッチする
    ・18-135と高倍率ズームの割に小さく軽い
    ・ピントはズームで画角を変えるとずれるタイプ
    ・広角端での周辺の解像が微妙らしい
    ・線が太く色乗りがいい描写らしい


    ・外観レビュー

    レンズの大きさやデザインは18-55WRとほとんど一緒。
    重さは18-55WRが230g、18-135WRが405gで少し重いですが、このクラスのレンズでは他社と比べると小型軽量です。
    th_IMGP8985.jpg

    レンズフードを装着すると少し雰囲気が変わります。
    18-55WRがチューリップみたいなのに対して、18-135WRはシュッとしています。
    カメラを使えば使うほどレンズフードの重要性や便利さを実感してきたのですが、18-55WRのチューリップみたいな雰囲気がちょっとイマイチに感じていましたのでカッコいいです。これ後輩に言ったらサッパリ理解できないって言われました。
    th_IMGP8986.jpg

    望遠端では18-135WRは大きく伸びます。
    ズームしてる感が出ますね。
    th_IMGP8988.jpg

    レンズはひとまわり太くなり、前玉が大きくなります。
    th_IMGP8991.jpg
    th_IMGP8992.jpg

    フィルター径も62mmになるので、少し大きくなります。
    th_IMGP8993.jpg

    18-55WRをつけた時の外観。
    th_IMGP8995.jpg
    th_IMGP8996.jpg

    18-135WRをつけた時の外観。
    th_IMGP8997.jpg
    th_IMGP8998.jpg

    色んな角度から
    th_IMGP9000.jpg
    th_IMGP9001.jpg
    th_IMGP9004.jpg
    th_IMGP9006.jpg
    th_IMGP9002.jpg




    K-30の筋肉質な外観とのデザインのマッチ度が18-135WRの方が高く、所有感が満たされます(・∀・)




    《新品》 PENTAX (ペンタックス) DA18-135mmF3.5-5.6ED AL(IF)DC WR【アウトレット】[ Lens | レンズ ](マップカメラ楽天市場)


    PENTAX K-30(Amazon)



    ちなみに、アウトレットといっても、K-30の18-135WRキットをばらして売ってる箱なし新品になるので、保証書もちゃんと付いてきますし、購入証明書もついてくるので、保証等もちゃんと受けれると思います。



    ・PENTAX smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR
    K-30のキットレンズ。
    一部では高評価、一部では低評価のよくわからないレンズ。
    低評価の理由は広角端で湾曲が目立ち、周辺がもやっとすることらしい。
    よくよく調べてみると、K-30との相性が抜群らしく、高速のレンズ補正を活用することでデメリットをカバーできそう。

    ・PENTAX smc PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDM
    最近発売されたTAMRONのB008のOEMレンズ。
    高倍率&SDM搭載で、超高倍率ズームの割に小さく便利そう。
    AF速度は18-135WRには劣るらしい。
    防滴なし。

    ・SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
    同じく、最近発売された超高倍率ズームレンズ。
    高倍率ズームらしく湾曲があり、純正でないためボディ側で補正できない。
    描写やAF速度は良さそう。
    ズームで回す方向が逆。

    ・SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM
    広角も伸び、望遠も少し伸び、少し明るく、マクロも出来る万能レンズ。
    解像はするらしいが、色乗りがあっさり系らしい。
    AFも静かだけど、ズームで回す方向が逆。
    新型が出てるけど、発売日未定。

    ・TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)
    広角寄りのf2.8通しお買い得ズームレンズ。
    描写はソフト。
    f2.8の旨味を堪能できるお手軽レンズの代表格。
    PENTAXならボディ内手ブレ補正のため、古いレンズでも実用性が高くなる。

    ・TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09)
    望遠寄りのf2.8通しお買い得ズームレンズ。
    フルサイズ向けに設計されているため、イメージサークルの真ん中の美味しいところのみを堪能できる。
    手ぶれ補正の恩恵も受けれる。

    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加








  • か~みっと

    TAMRON A16は以前持っていました。

    AFが合わずメーカーに調整依頼したのですがついに調整出来ず(汗)

    手放したレンズです。

    ピントが合った時のシャープな感じは良かったんですけどね;;;

    ちょっと残念でした・・・

    04

    11

    09:31

    tizupiza

    やっぱりTAMRONはそれがハードルになりますね。
    僕自身、どちらかと言うと最近のオートフォーカスで育った世代なので、オートフォーカスの精度は重要です。
    マニュアルフォーカスでカバーできなくもないでしょうが、自分の意識はカメラよりも被写体に向けていたい正確なので、とりあえず今回の選択は良かったと思っています。

    04

    11

    23:00

    管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。