02

03

コメント

僕が「iPhone 5」でauではなく、Softbankを選んだ理由

th_スクリーンショット 2013-02-02 23.06.20

「iPhone 5」契約する際にSoftbankを選んだ訳をつらつらと書き残しておきます。







・auの回線が言われているほど速くなかった

過去に数回つぶやいていますが、僕の生活圏内で、友だちのiPhone4(SB)と僕のiPhone4S(au)でスピードテストをしたとき、ほぼ毎回iPhone4(SB)が早かったです。
th_スクリーンショット 2013-02-02 23.12.49

よく、「ソフトバンクが早いのはベンチマークだけ」的なことが言われていますが、Appleの公式サイトなど、そこそこな重さで負荷に強そうなサイトを同時に開いてみても、iPhone4(SB)>iPhone4S(au)でした。
本体のスピードは明らかにiPhone4S(au)が早いのに、回線の読み込みが遅いため、結果的にiPhone4(SB)に負けてしまうのです。
まあ、これは住んでいる地域にもよるんでしょうから、auが快適と言っている人を強く否定するつもりはありません。

ソフトバンクが改善してきたのも最近の話ですし、最初の頃は確かにしょぼかったです。


・呪いのWi-fiスポット

SoftbankのiPhoneを使っていたときは、無線LANスポットは、まあ使えるレベルでした。
たまに繋がらない時もありましたが...

しかし、auのWi-fiスポットはひどい。
もしうっかり繋がったら、iPhoneが全く通信しなくなります。
その繋がらない頻度が多すぎる。
結果的に、すべてのWi-fiスポットへの自動接続をすべてOFFにしていました。
なにか根本的な設定がおかしかったのかもしれませんが、色々見なおしてみてもどうしようもなかったです。


・親や友達がソフトバンク

これは大きいです。
もともと僕がソフトバンクiPhoneを使っていたので、親や友人もソフトバンクに移ってきていました。
その後、僕が快適な通信を求めてauに浮気しました。

でも、上記のように求めた通信品質を得ることはできなかったので、利便性を考えソフトバンクに戻ろうと考えました。


・デュアルバンドLTEへの期待

イー・モバイルを買収したことによる効果を期待しています。
現状のLTEでも、ソフトバンクの方が繋がるとの話ですので(友達や後輩のiPhone 5を見ても、ほぼLTEにつながっている)、ここ数年のスパンで考えると、かなりいい線をいっているのではないでしょうか?
そこら辺の電波の話は前にも少し触れたんで、気になる人は読んでみてください。
春に登場すると言われている新型の「iPhone 5S」は、LTE対応バンド追加モデルではないの?と予想


・経営方針への共感

僕的に各キャリアの色はこんな印象です。

docomo → サービス重視、ライトユーザー重視、混雑、docomoの庭の中、野菜
au → ユーザーの選択制、全方向カバー、Androidは良い、3M戦略、96%の件
Softbank → 最近やっとアンテナ改善、iPhoneが生命線、言われているほど悪くない

docomoは僕のような人間ははっきりとお客さんじゃないと言っているようなもんだと思います。
auはAndroidならいいのですが、iPhoneに関してはイマイチな気がします。
SoftbankはiPhoneが命なので、iPhoneユーザーにとって一番利益があると思います。

正直、ソフトバンクの原発とかどうとかはイマイチ共感できない点もありますが、本業のモバイル事業に関しては、イー・モバイルやスプリントの買収等、面白いことに色々手を出しているとおもいます。
今のところ一番応援したいです。
でも、どのキャリアも「収穫期」とか言ってないで、ユーザーに利益を還元して欲しいです。
現状でも儲け過ぎなくらいなんだから...


そんなこんなでソフトバンクにお世話になることにしました。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する