01

14

コメント

「Q」と「K-30」で、「K-30」を選ぶ理由

th_スクリーンショット 2013-01-14 22.37.37

僕は本格的な一眼レフカメラの「PENTAX K-30」と、ミラーレスカメラの「PENTAX Q」を持っています。
カメラを2つ持っていても、使うときはどちらか1台になるので、どちらかを選ばなければなりません。

今回は、僕がカメラを使うときに「K-30」を選ぶ理由を作例とともに紹介します。

「Q」を選ぶ理由はこちらから→「Q」と「K-30」で、「Q」を選ぶ理由






・軽快さが欲しいとき
th_IMGP5493.jpg
th_IMGP6348.jpg

ここが「Q」と大きく違うところです。
AFスピードと連射速度もかなり早いですが、起動してから撮影するまでの時間や、写真を撮ってから確認した後、次の写真を撮影するまでの時間など、すべての動作が軽快です。

たくさんの写真を撮っておきたい時や、動き回るものを撮影するときなど、写真を取ることに集中したいときは「K-30」を多用します。
なので、撮影枚数では「Q」よりも「K-30」の方が多くなってしまいます。


・ボケ味が欲しいとき
th_IMGP5794.jpg

人やものを取るときに、それを際立たせて雰囲気を残したいときは、大きいセンサーサイズを搭載している「K-30」を使っています。
※人物撮りが一番わかり易いのですが、個人情報の観点から念のため掲載しません。
大きいカメラならではの表現なので、面白いです。


・雨の日
th_IMGP6142.jpg
th_IMGP6383.jpg

雨が降っていても、カメラが濡れて壊れることを心配しなくてもいいので、天気が崩れそうだったら「K-30」を使います。
雨で手が濡れてかじかんでも、ボタンが大きく押しやすいことも助かりました。


・ジックリ夜景を撮るとき
th_IMGP6558.jpg

長時間露光も簡単にできるし、感度を上げてもノイズが入りにくいので、夜景が綺麗撮れます。
HDRもカメラ内で簡単に使えるので、「ジックリ写真を撮ってみようかな」と思えるカメラです。




特に、カメラとしての軽快さが大きなポイントで、「Q」と使い分けるきっかけになります。
じっくり写真を取ることに集中したいときは「K-30」を使っています。
PENTAX K-30 18-135レンズキット

そろそろ18-135 WRレンズのキットも7万を切りそうですね。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する