01

05

コメント

MacでiPhoneのカメラロールを整理・一括で消去する方法

th_スクリーンショット 2013-01-04 18.50.39

iPhoneのカメラって本当に便利だから、パチパチ撮ってしまうのですが、これをずっと続けていくと、ものすごい量の写真が溜まってしまいます。

カメラロールに写真がたくさん溜まってしまうと、iPhoneの容量が少なくなってしまうばかりか、iPhoneのカメラの起動が遅くなる原因にもなります。

でも、iPhoneからチマチマ写真を消すのが面倒・・・。
ってことで、MacからiPhoneの写真を整理・一括で消去する方法を紹介します。



th_スクリーンショット 2013-01-04 18.42.09

使うアプリは「イメージキャプチャ」っていうアプリ。
Macでは最初から入っています。

LunchPadの「その他」のフォルダから開きましょう。

th_スクリーンショット 2013-01-04 18.42.55

どこにあるかわからない人は、右上の検索マークをクリックして「イメージキャプチャ」を検索しましょう。

th_スクリーンショット 2013-01-04 18.44.12

起動したら、Macに接続されているiPhoneやiPadのカメラロールの中身が観覧できるようになります。
確認しながら消去したい時は、「Commandキー」を押しながら選択してください。

th_スクリーンショット 2013-01-04 18.44.22

すべてを消去したい時は、「Commandキー」+「A」を押すとすべてを選択になります。
その状態で、ウインドウ下部にある駐車禁止のようなマークのボタンをクリックしましょう。

th_スクリーンショット 2013-01-04 18.44.30

最終確認で消去を選択すると、選択した写真を消去することができます。

th_スクリーンショット 2013-01-04 18.44.34


iPhoneの容量を開けたい人や、iPhoneのカメラの起動が遅くなっている人は、ぜひ試してみてください。
くれぐれも、写真のバックアップを行った上で、実行することをオススメします。
消えた写真は帰って来ません。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する