--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する

    12

    20

    コメント

    iPad mini Retina display model が待ち遠しい

    th_スクリーンショット 2012-12-20 13.24.51
    AppleのHPより引用

    僕が今使っているiPadは「新しかったiPad」と呼ばれるiPad 3rdです。
    iPad 3rdはRetina displayを搭載しているので、ウェブブラウジングや写真の観覧には、かなり快適です。

    そのiPad 3rdの最大の欠点は「重さ」。
    それを解決したのが「iPad mini」です。



    ・プロセッサの世代はさほど重要ではないと思う

    th_スクリーンショット 2012-12-20 13.23.26
    th_スクリーンショット 2012-12-20 13.23.48
    AppleのHPより引用

    iPad miniのプロセッサはA5チップ。
    iPad 2と同じスペックになります。

    巷では、2年前のスペックと同じということで、受け入れがたいという声もありますが、僕は十分なスペックだと思います。
    なぜなら、A5チップを搭載した「iPad 2」とA5Xチップを搭載した「iPad 3rd」で考えると、わずかに旧世代の「iPad 2」のほうが早いからです。


    そして、僕はA5Xチップを搭載した「iPad 3rd」の処理速度で満足しています。
    さらには、その、A5Xチップの「iPad 3rd」とA6Xチップの「iPad Retina display model」を比較した動画でも、劇的な差は見られません。



    今は「処理速度の高さを競う」時代ではなく、「使う時間を奪い合う」時代です。


    スペックを重視する一部の人を除き、多くの人は、ある程度使えれば、小さく軽いほうがいいと思っているのではないでしょうか?
    今年のプリンターでエプソンの「EP-805A」や、カメラでのソニーの「RX100」など、より大きく重く、性能がいい製品よりも、小さくてそこそこの性能のものが人気です。

    単純に性能がいいだけでなく、生活に馴染む製品のほうがいいと思っている人が多いと思います。
    僕もその一人です。

    どんなにいいものでも、使わなければ意味が無いですし、使うという行動までのハードルが高いと意味が無いのです。

    そういう意味で、iPad miniはベストな製品の1つだと思います。




    ・Retinaの感動を味わってしまうと、元には戻りにくい

    th_スクリーンショット 2012-12-20 13.24.21
    AppleのHPより引用

    iPadのRetina displayは、僕に新しいカメラを買わせ、お金を消費させるきっかけを作りました。
    それほど、Retina displayには僕の価値観に影響を与える魅力がありました。

    しかし残念なことに、iPad miniにはRetina displayは搭載されていません。
    これには幾つかの理由が考えられます。


    ・性能の問題

    A5チップではRetina displayを駆動させることはできません。
    それはiPad 3rdが証明しています。
    iPadの利点を損なう大型化、コストの掛かるバッテリーの大容量化を推し進めてまで、無理に高速化したA5Xチップを使っていることから、A5チップではRetina displayの駆動は難しいです。

    もし仮にA6チップだったらどうなのか?
    もしかしたらRetina displayの駆動は可能かもしれませんが、別の問題が浮上してきます。
    それが、コストの問題生産量の問題です。


    ・コストの問題と生産量の問題

    A5チップは旧世代であるからこそ、安価に製造できます。
    iPad miniが狙う価格帯を考えた時、最新のチップを用いるよりも、1世代古いチップを使ったほうが作りやすいのでしょう。
    チップだけでなく、ディスプレイで考えた際も、コストは抑えられるはずです。

    また、新型のA6チップは大量に出荷させる「iPhone 5」と、上位機種に当たる「iPad 4th」に用いられています。
    この最新の設計のチップを、「iPad mini」にも用いると考えると、十分な製造数が確保できず、品切れ状態が続出することになったのではないでしょうか。


    まあつまりは、iPad miniの最初のモデルでRetina displayを搭載するのは難しそうだったし、現実的じゃなさそうだったよねってことです。
    ホントは少し、RetinaでなくてもiPad 2よりかは圧縮され、高精細に見えるのではないかと期待していました。
    でも、実際にお店で何度も見比べてみましたが、僕がよく使うWebページの観覧の際の眠たさは拭えませんでした。



    ・僕はRetina displayのiPad miniがほしい!!

    th_スクリーンショット 2012-12-20 13.31.47
    AppleのHPより引用

    色々書きましたが、僕が言いたいことはこれにつきます。

    Retina displayのiPad miniが欲しい!!

    ただ、それを言いたかっただけです。


    Retina displayかどうかは重要ではない人にとっては、iPad miniはとてもいい選択肢だと思います。
    iPad mini Wi-Fiモデル 16GB ブラック&スレート(Amazon)

    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。