--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する

    12

    03

    コメント

    BlueTooth+FMトランスミッターの「JF-BTFM2K」が便利すぎてツボにハマった

    th_スクリーンショット 2012-12-03 0.19.12

    FMトランスミッターにBlueToothを組み合わせただけでここまで便利になるとは
    っと衝撃を受けたので紹介します



    th_IMGP3292.jpg

    ・無線でつながる

    普通のFMトランスミッターは、イヤフォンジャックを使って接続します。が、このFMトランスミッターは最近のスマートフォンには当たり前についているBlueToothで繋がります!!

    BlueToothとFMのダブル無線(・∀・)

    なので、車のどの位置に座っている人でも、自分の音楽機器でカーステレオを鳴らすことができますし、バックの中に入れっぱなしにしておいても大丈夫。接続設定も簡単です(動画で接続設定を紹介しています)



    ・勝手につながって勝手に再生される

    買う前は気づかなかったのですが、この機能がものすごく便利!!(iPhoneでしか確認してませんが)一度接続設定をした機器は、次から、車のエンジンを入れるだけで勝手に接続され、勝手に再生されますなので、普通のFMトランスミッターのように、エンジンを入れるたびにコードを繋げ、再生ボタンを押す必要がなくなります

    ストレスフリー!!

    古いカーステレオが進化したようにも感じるほどです


    ・凡庸USBで充電できる

    iPhone 5からLightningコネクタに変わり、今までのドックコネクタで充電ができなくなりました。FMトランスミッターの充電機能がドックコネクタに限定されると、機種変更をした時に使えなくなることを危惧していましたが、凡庸USBから充電が可能なので、iPhone 4でもiPhone 4SでもiPhone 5でも、Androidでも充電が可能です。

    なので、長く使っていくことができます。普通のFMトランスミッターよりチョットお高いですが、その価値は十分にあると思います。


    ・iPhoneを家に置き忘れることもなくなる

    無線でつながって勝手に再生されるので、もし家にiPhoneを置き忘れたときは音楽が鳴らなかったり、車を出した時に再生が途切れます。

    早々あることでもないですが、いざという時に気づけるきっかけがあることは悪いことではないでしょう。


    ・満足の行く音質

    BlueTooth・FMと2重に無線を挟むので、音質が気になるところですが、全く不満はありません。よほど音質に気を使う場合を除けば、十分満足できる音質&音量で鳴らすことができます。

    へたなホワイトノイズもなく、メールの着信の時には音楽の音量が自動的に小さくなるので、着信にも気づきやすくなります。。僕にとっては必要十分です。

    ・唯一の欠点

    Siriの音声案内をさせると、声が小さい。
    小さいよSiriたん...。
    調整次第ではいい感じに出来るかもしれませんが(-_-;)




    とにかく、便利!!

    FMトランスミッターを買おうかな or 買い換えようかなって考えている人には一押しです!!有線式よりチョットお高いですが、それだけの価値があります。


    J-Force Bluetooth FMトランスミッター JF-BTFM2K(Amazon)


    備え付けのドックコネクタonlyカーステレオ買うよりいいですよこれは



    追記(09/08)
    ----------------------
    この製品の新型の値段がこなれてきたので、こっちのほうがお勧めです。

    J-Force Bluetooth FMトランスミッター ( AAC / aptX対応 ) ブラック JF-BTFMAXK

    新型と旧型の大きな違いは、ACCとatpxに対応しているので、音質が良くなる点です。
    それ以外は基本的に一緒で、設定も使い勝手もいい製品です。
    価格差が気にならないようなら、新型をオススメします(・∀・)!


    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。