--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する

    11

    02

    コメント

    僕がQマウントに期待するわけ

    th_スクリーンショット 2012-11-02 9.06.37
    カテゴリ別の記事数を見れば、僕がどれだけQマウントに期待しているかがわかると思うんですけど(笑)

    すでにいろんなところで出ている噂や僕の妄想も含めて、素人考えで「僕がQマウントに期待するわけ」をまとめてみました

    ※文字が多めで読みにくいです




    ・センサーサイズが1/1.7の高性能版後継機の噂

    Qマウントは、いま1/2.3のセンサーサイズが搭載されています
    ただ、Qマウントは発売当初からマウントサイズに比べてセンサーサイズが小さいと言われてきました
    その理由は、今後主流となるセンサーサイズが変わっても柔軟に対応できるマウントにするためらしいです
    PENTAX Q に1/1.7型センサーを搭載できるかどうかは、試してみなければわからない - デジカメinfo
    1/1.7のセンサーサイズに対しても否定はしませんしね

    Qが発売されたときは裏面照射型CMOSセンサーで性能がいいものは1/2.3のセンサーだったらしいですが、センサーサイズの大型化の流れに乗って、性能がいい1/1.7の裏面照射型CMOSセンサーが提供されるようになって来ました
    IMX144CQJ:SONY

    35mm換算の焦点距離も、1/1.7のサイズで計算したほうがより使いやすい焦点距離になるそうです
    PENTAX Q の秘密 : ASPHERICAL WORLD

    まあ、いろんな憶測がありますが、将来的に大幅な性能アップが期待できるってチョットわくわくしませんか?


    ・高性能レンズが安い

    F2.8通し望遠ズームレンズとか、他のマウントの場合は20万近くするものもある(CANONのLレンズとか)んですけど、Qマウントでは2.5万以下で手に入っちゃうわけです!!
    Canon EFレンズ EF70-200mm F2.8L IS II USM(Amazon)
    PENTAX Qマウント 06TELEPHOTO ZOOM(Amazon)

    大きいセンサーサイズに対応するレンズは、大型にならざるをえないので、その分製造コストがかかったり、設計が難しくなって、高価にならざるを得ません

    良いレンズがあっても、手に届く価格帯でなければ買うこともできないですし、カメラの趣味を手軽に始めたい庶民にやさしいマウントなんです


    ・レンズが軽くて小さい

    Q10の発表の時は「ボディとレンズをすべてあわせても、500mlペットボトルより軽い」というほど、Qマウントのレンズは軽いです
    th_IMGP1038.jpg

    いろんな表現のレンズを、全てバックに入れても苦じゃないっていうのは大きな魅力で、どんなシチュエーションに対しても自由度が高くなります
    写真を本気で取る結婚式などのイベントでは本格的なカメラのほうがいいかもしれませんが、ちょっとした観光とか、ちょっとしたお出かけでは小さいことは良いことなのです


    ・将来的な映像素子の性能向上

    今でも日々、映像素子の性能は向上しています
    IMX144CQJ:SONY
    IMX117CQT:SONY

    今の時代はフルサイズなど、より大きいセンサーサイズをという流れがありますが、技術が進歩すれば同じ画質を実現するのに必要なセンサーサイズは小さくなります(素人考え)
    ボケ味を除いて

    そうすると、「自分が満足する画質はどのレベルか?」を考えた時に、画質よりも持ち運びやすいさや価格等のウエイトが大きくなるかなと、
    雲の上の画質競争はプロのカメラマンやプロアマチュアの方に任せて、自分で撮る写真は自己満足レベルで十分だと思ってしまいます


    ・AF速度と精度の問題

    この点に関しては、速くて正確な方が良いですよね?

    AF速度を考えた時、ピントを合わせるために動かすレンズは小さいほうが速く動かしやすいのではないかと思います
    大きいレンズは質量があるので、大きな質量を早く正確に動かすためには高価な部品や構造が必要になり、結果的にレンズの値段が高価になります(素人考え)
    大きくて安価なレンズはレンズ内に静音モーターを搭載していないので、AFが煩くて遅いです

    被写界深度から見ても、大きいセンサーサイズではピントが合う範囲が狭いので、より正確なAFが必要になりますが、小さいセンサーサイズでは比較的アバウトなAFでも写真のクオリティを保てます
    大きなセンサーサイズがもたらす過度なボケ味はプロモーション写真などには有効ですが、Qの単焦点レンズで得られる程々のボケ味でも十分に満足できます
    ボケ過ぎは好きじゃないです


    レンズもツボを抑えたものが出てくるみたいなので、まだまだ楽しめそうです
    Pentax-Q-mount-roadmap-2013.jpeg
    Photo Rumors(ソース)



    --
    追記(11/03)
    「06 TELEPHOT ZOOM」を注文しました。
    少し使ったらレビューします。


    関連記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加








  • 管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。