--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

    24

    コメント

    MacBook Air 2014年モデルをIntelのロードマップから想像する。

    mbatop2.jpg

    MacBook Airがフルモデルチェンジしたのは2010年の10月頃でした。

    MacBook Proがアルミユニボディにフルモデルチェンジしたのは、2008年の10月頃。Retinaディスプレイモデルにフルモデルチェンジしたのは、2012年の夏のWWDCでした。その間大体、4年ほど。MacBook Airがフルモデルチェンジした2010年からみて4年後が2014年になります。もしかしたら、来年はMacBook Airが完全リニューアルしたものを目の当たりにできるかもしません。

    mba4.png

    なので、今のIntelのロードマップから、来年のMacBook Airを想像してみたいと思います。


         →続きを読む     



    スポンサーサイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

    23

    コメント

    MacBook Pro Retina 15に乗り換えたくてウズウズしている。

    Retinatop.png

    RetinaいいよRetina。
    ってことで、MacBook ProのRetinaディスプレイモデルが急に欲しくなってきたので、そのわけを語ってみたいと思います。

         →続きを読む     



    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

    20

    コメント

    復活!?Google先生が機嫌を直してくれたみたい。

    スクリーンショット 2013-12-20

    ふとアクセス解析を見てみたら、アクセス数が以前のと同じ水準まで戻っていました。
    やったね(・∀・)。

    最近興味が有るのはiBeaconやIoTっていう技術です。
    巷で話題の技術ですが、あまり興味が無い人は聞き覚えがないかもしれません。
    逆にウェアラブル、ウェアラブルとウェアラブルデバイスが流行るとの話ばかり流れています。

    僕はそんな感じはしません。だって気になるような機械を身につけるのは鬱陶しいから。
    そんなことを言っていると時代に取り残されるんでしょうが、今の価値観ではあんまり受け入れられませんね。

    それよりも、自分を賢く認識して、自分に対して必要なアクションを促してくれたり、自動的に処理をしてくれたりするようなものに期待しています。例えば、駅の改札をくぐるとき、定期をかざさず、勝手に認証してくれたり、家を出る時、財布や携帯、カギなど、忘れたら困るものを忘れている時、忘れているよ!って教えてくれたり。

    便利でも鬱陶しいものは流行らないと思います。流行るのはさり気なく、チョット幸せに。そんなデバイスがどんどん実現されていくといいな。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

    05

    コメント

    Q7/K-50を買うと、最大7000円キャッシュバックのキャンペーンが始まった。

    main.jpg

    しばらくカメラは買わなくてもいいかなーと思っていたところに、こんなキャンペーンを...。
    ぐぬぬ....。ボーナスのタイミングを狙ってきたな:(;゙゚'ω゚'):

    多分今回は買わないだろうけど、Amazonの5000円引きキャンペーンよりも期間も長いし、気長に考えてもいいかも。迷っていた人は、このタイミングに検討してみては?

    おすすめは、Q7のダブルズームキット
    product_q7_logo.gif
    PENTAX Q7 ダブルズームキット(Amazon)


    と、K-50の18-135WRレンズキット
    product_k50_logo.gif
    PENTAX K-50 DA18-135mmWRレンズキット(Amazon)



    どちらも7000円キャッシュバックなので、かなり太っ腹なキャンペーンだと思います。

    Enjoy Your Color!!キャンペーン




    ↓後はGM1とQ7のことや雑記

         →続きを読む     



    このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。